先月の広島に引き続き、山形も

スポンサーリンク

(LINE NEWSより引用)

山形県内は5日から6日にかけて、前線が上空に停滞した影響で記録的な大雨に見舞われているそうです。
観測史上最多の24時間降水量を更新し、地域によっては停電や浸水、土砂崩れなどの被害が出ているとのこと。

山形地方気象台によると、24時間の降水量は金山町金山で312・5ミリ、
最上町瀬見で309・5ミリ、真室川町差首鍋(さすなべ)で299・0ミリを観測し、
それぞれ、8月の平年1カ月分の降水量を上回ったそうです。
(まだ8月は始まったばかりなのに)

スポンサーリンク



東北電力によると、鶴岡市や酒田市など12市町村で延べ4890戸が停電。
85世帯273人が住む戸沢村蔵岡では排水ポンプが停電で動かなくなり、集落に水が浸入。
地元の消防署員や消防団員らがゴムボートを使い、80人以上を救助したとのこと。
スポンサーリンク



国道47号は5日夜以降、最上町大堀と戸沢村蔵岡で土砂崩れが発生し、
一部区間が通行止めになり、舟形町舟形の国道13号でも路上に土砂が流れ込み、
通行止めになっているそうです。
スポンサーリンク


すでに床下浸水や、冠水で手詰まりになっているとのことで、
近くの人は人命を最優先にすぐに逃げたほうが良いですね。

現在も新潟県の一部には大雨警報が出されていて、
気象庁は低い土地の浸水や土砂災害に警戒を呼び掛けているそうです。

ただ、これまで人的被害は確認されていないのは不幸中の幸いだと思います。

スポンサーリンク