東京医科大の元幹部が内部告発!女子学生が3割を超えるとまずい!

スポンサーリンク

東京医科大がコンピューターにより、女子の受験生だと、
得点に0.9や0.8などの係数をかけて、減点していたことがバレました。

女子学生が3割を超えるとまずいとのことです。

はあぁあ?って感じです。
裏口入学にしろ、東京医科大学の私学助成金はゼロでもいいんじゃないかって思いますね!

女子というだけで、得点の1〜2割を減らされるのは、かなりの減点だと思いますし、
来年は女子学生の受験生はいなくなるな、こりゃ・・。

スポンサーリンク


なんでコンピューターで女子学生の数を抑制するの?

なぜ女子学生の数を減らしたいかというと、女性は大学卒業後に医師になっても、
妊娠や出産で離職する率が高いからだそうです。

こりゃ、海外でこのニュースが取り上げられて、
日本は女性後進国だとまた言われるわ・・。

男女共同参画社会とはどの口が言うんや?って感じですね。

スポンサーリンク

そもそもの発端は、女性の方が賢すぎるから?

というのも、東京医科大の医学部医学科の一般入試の合格者数は2010年に女子が全体の4割弱に達したため、こりゃヤバい!となり、
2011年以降、男子優遇の措置が取られてきたそうです。

具体的には、マークシート方式の1次試験で女子の点を一律に減点したり、
小論文と面接で実施される2次試験で男子の小論文の点数を加点したとのこと。

つまり、女子学生の方が頭が良くて、点数がいいから、点数を抑制しないと、
東京医科大学は女子大になっちゃうから、一律に減点しちゃえっていうことらしいです。
男って馬鹿ですよね~。

つまり、女性である時点でハンデを背負っているような感じですね。
他の医科大学でもこんなことあるんでしょうか・・・?

ま、逆に言うと、東京医科大学卒業の女医さんは、
めちゃくちゃ優秀っていうことですよね!
裏口入学じゃない限りは・・・。

スポンサーリンク