スマホ自転車で有罪判決!執行猶予4年!

スポンサーリンク


スマートフォンと飲み物を持ちながら電動アシスト自転車に乗り、
歩いていた77歳女性にぶつかって死亡させたとして、重過失致死罪で在宅起訴された元女子大学生(20)に、
横浜地裁川崎支部(江見健一裁判長)は27日、禁錮2年、執行猶予4年(求刑禁錮2年)の判決を言い渡した。

判決は、被告が右手に飲み物、左手にスマホを持ち、左耳にイヤホンをした状態で、
スマホをポケットにしまった直後に事故を起こしたと認定。
江見裁判長は「歩行者を死傷させ得るとの自覚を欠いた運転は自己本位で過失は重大」と指摘した。

時速約9キロと比較的低速で、反省の弁を述べていることなどから執行猶予付き判決としたとのこと。

スポンサーリンク


スマホ自転車の判決は妥当?甘い??

禁錮2年、執行猶予4年の判決って妥当なのでしょうか?
それとも甘いでしょうか?

両手がふさがった状態で自転車を運転して、
しかもイヤホンしてますからね・・。
まるで中国雑技団のような状態。

てか、ブレーキかける気が無いってことですよね??

しかも、それで人が死んでますから、
遺族にとってはたまったもんじゃない感じですよね。

スポンサーリンク

スマホ自転車の女子大生の名前は?示談した?顔の画像は?

医者のお父様が1億円賠償済みだそうで本人も医大自主退学済みなのだそうです。
スマホ自転車で事故した元女子大学生の名前は、「森野実空」。

甘いとは思いますが、執行猶予はあくまでも「刑の猶予」であり、
刑そのものが消えるわけではないので、それは「前科」として残ります。

そのため履歴書を書くときには、賞罰の項目にその旨を記載しなくてはならないし、
海外旅行のビザの取得にも前科者として影響されるので、退学したこと、
示談が済んでいることからすると、妥当な判決といえるのではないでしょうか。

でも、自転車本当に気をつけないとな~って思います。
割と携帯見てる人、多いですから・・・。

スポンサーリンク