セーブオンが8月末で全店舗閉店!

スポンサーリンク


(にいがた通信より引用)

群馬県を中心に展開してきたコンビニエンスストア、セーブオンは2018年8月1日に全店舗閉店を発表しました。
8月31日までに群馬県内159店のセーブオンが閉店し、すべてのセーブオンが姿を消すことに。

セーブオンってどんなコンビニ?

セーブオンは、「セーブ(save)」の名前のように、
少しでも安くて良いものを販売する“節約コンビニ”。

スポンサーリンク



目玉の39円アイスや、172円の牛乳、102円の食パン(すべて税込)など、
スーパーにも対抗するほどの価格と利便性を兼ね備えた存在でした。

セーブオンはどれぐらい地元民に愛されてたの?

スポンサーリンク


その存在は、群馬を代表するほど愛された存在で、「セーブオンの看板が高崎線から見えたら、『群馬へ帰ってきた!』と実感が湧いた」
「コンビニなのに見切り販売をしてくれた」「39円プリンもあった」「ホットスナックに『揚げ餅』や『焼きまんじゅう』があった」
「498円(税込)の1キロカレーはすごかった」など、群馬県民の心のコンビニでした。

ですが、8月末をもって、その歴史を終えます。

ローソンになったら、見切り品価格や、激安商品はなくなっちゃうのでしょうね・・。
群馬県民がそれでもローソンに行くかどうかは悩ましいところですね。

スポンサーリンク


セーブオンは今後、ローソンになる?

スリーエフに引き続き、セーブオンも食い尽くすローソン。
妙に寂しい感じがしますね・・。
これでセブンイレブンに戦いを挑むのか!?

ちなみに、スリーエフは「ローソン+スリーエフ」にしたのに、
セーブオンは無慈悲にローソンにするとのことです。

名前ぐらい残してくれよ~~~。

スポンサーリンク