国家公務員の定年が65歳に

スポンサーリンク


(香椎進学塾HPより引用)

 

人事院は10日、国家公務員の定年を60歳から65歳に、
段階的に上げるよう国会と内閣に申し入れた。

60歳以上の給与は60歳前の7割程度に減らす。

公務員の定年延長を進めることで、民間企業にも定年の延長を促す。
2018年度の国家公務員一般職の月給を平均655円(0.16%)、
ボーナス(期末・勤勉手当)を0.05カ月分引き上げることも勧告した。

スポンサーリンク


どうして国家公務員の定年と給与を上げるの?

中小零細企業が思ったほどの好景気となっていない中、
従業員50人以上の事業所との比較によって、
国家公務員の賃金が下回っていたということで引き上げ勧告となっているようです。

スポンサーリンク

このニュースについて、みんなの意見は?

60前後でも、民間企業より抜群の好待遇ですね。

・むしろ定年40歳くらいにして人の足りない民間に波及してもらって、
公務員の人件費下げるのがよさそう。
少なくとも末端の役所の窓口とかは人数1/10にしても回す方法がありそう

税金上げてこれですか?

・「60歳以上の給与は60歳前の7割程度に減らす」と書かれていますが、
民間はもっと厳しいのが実情です。

スポンサーリンク


人事院勧告を実行した場合、また増税になる??

国家公務員の給与を人事院勧告通りに引き上げた場合、
国と地方を合わせた公務員の人件費は、計1150億円程度増えることになるようです。

てか、人員削減だとか、給料引き下げしても、
のど元過ぎればこんな事をしれっとやるのは困りますね。

自分らの至福を肥やす事ばかりしかしていないような気がします・・
役人天国が日本を衰退させますね・・

スポンサーリンク