「大家さんと僕」の大家さんが死去!

スポンサーリンク


お笑いコンビ「カラテカ」の矢部太郎(41)が、
昨年10月末に初めて刊行して大ヒットした漫画「大家さんと僕」(新潮社)の登場人物である、
「大家さん」が亡くなったことを明かした。

「もっと話したかったし、聞きたいこともたくさんありました。
お見送りをした今は、大家さんと過ごした日々を思い出しながら、
ただただご冥福をお祈りするばかりです」と悼んだ。
「大家さんと僕」は先月50万部を突破した。

スポンサーリンク



「大家さんと僕」は大家のおばあさんとの、
8年前からの交流の日々を描いた4コマ漫画。

「ごきげんよう」とあいさつし、世話好き。
階下からよく矢部に電話もかけてくるとか、
一緒に新宿伊勢丹へ買い物に行くなど、何げない日常とその会話が読者に受けた。
同作は今年、第22回手塚治虫文化賞短編賞も受賞している。

スポンサーリンク

「大家さんと僕」の大家さんは何歳?

矢部太郎さんにとっては悲しい出来事でしょうが、
大家さんは何歳だったのでしょうか?

自分も漫画を読んでいましたが、すでにかなりのおばあさんだったので、
早死ではないと思っていましたが・・・。

調べたところ、1928年(昭3)生まれらしいので、
誕生日が来ていれば90歳!来ていなければ89歳ですね。

90歳近くでしたら大往生ですよね。

スポンサーリンク



大家さんは一般人なので、誕生日は公開されていませんが、
お亡くなりになる前に矢部太郎さんや、その周りの芸人さんたちに出会えたことで、
とても良い老後で幸せだったんじゃないだろうかと思います。
大家さんもお茶目でしたしね笑

あと、大家さんが好きなものが、
伊勢丹とNHKと羽生結弦君‼︎て笑

昭和がどんどん遠くなりますね・・・。

ちなみに僕が好きな大家さんの言葉です。

「大家さんは8月が一番好きだと言っていました。
理由は戦争の番組をたくさんやってくれるから。
そして、大切な人達は戦争に取られたくないともおっしゃっていました」

大家さんと僕(コミックス)

なんだか、また読み返したくなってきちゃいました・・。

スポンサーリンク