たった12席しかない豪華夜行バス(東京ー徳島)

スポンサーリンク



(乗りものニュースより引用)

東京~徳島間で運行されている「マイ・フローラ」という豪華夜行バスは、
1台につきわずか12席、全席の通路側には天井まで届く間仕切りが設けられ、
ほぼ個室に近いプライベート空間が確保されています。

2011(平成23)年に登場するや、多くのメディアに取り上げられ、
「日本一豪華なバス」として話題になりました。

車内にはカーペットが敷かれ、乗客は靴を脱いで乗車します(土足厳禁)。
運行する海部観光(徳島県美波町)によると、長時間の乗車中に寝がえりが打てるよう、
座席幅は通常のバスと比べて2倍弱の広さがあるとのこと。

座り心地やリクライニングの角度にもこだわって、
地元である徳島阿南の家具メーカーと共同製作したとのことです。

スポンサーリンク


乗り心地や快適さは?

これを見てください。


広々してまるでホテルですね・・。

専用のテレビが付いてて、ゆったりした空間。
間仕切りがあって動く自分の部屋みたいです。
もちろん充電用の自分専用のコンセントも完備。

乗客も、「眠りたくない!」という人が多いのもうなづけます。

快適さの秘密とは?先輩4人がOKしないと運転できない厳しい訓練

マイ・フローラの運転士は全員、「揺れない運転」の訓練を受けています。

その内容は、500mlのペットボトルに水を半分ほど入れ、
それを倒さないように運転するというもの。

スポンサーリンク


繊細なアクセル、ブレーキの操作が必要で、普通車でも至難の技といえるかもしれません。

そのため、靴を脱いで靴下で運転する運転士がほとんどなのだとか。
靴を脱ぐことで、アクセルやブレーキの踏み込み加減を、
足の指1本単位で調節できるそうです。

(↓こんな感じで靴下で運転しています)


(乗りものニュースより引用)

ちなみに、新米運転士は研修でこの「揺れない運転」の訓練を受け、
4人の先輩運転士の合格が出るまでデビューできないそうです。

スポンサーリンク


気になるマイ・フローラの予約状況は?

スポンサーリンク

豪華夜行バスのマイ・フローラの予約状況はこちら

上りが東京行き、
下りが徳島行きです。

たった12席しかないので、チケットの争奪戦になりますので、
早めの予約がオススメですね。

スポンサーリンク


豪華夜行バスだけにお値段は高い?

東京~徳島間が1万3000円からなら、そう高額ではないと思います。
ホテル代+交通費と考えれば逆に安いのでは?と思いますね。

豪華夜行バスのマイ・フローラの予約状況はこちら

また現地に早朝に着くので、
安い拘束バスに揺られてどっと疲れるよりも、
しっかり寝て、早朝から動けることを考えるとコスパは良いと思いますね。

スポンサーリンク